厳選









リクルートエージェント

転職のリクルートエージェントは約31万人を成功に導いた転職支援実績No.1
Web上には出ていない業界分析レポートなどのアドバイス含め
キャリアアドバイザーが転職全面バックアップ・非公開求人も充実



リクルートエージェント 無料転職相談はこちら



http://r-agent.com/



まずは転職求人を探したいという方へおすすめリクナビNEXT・スカウト機能を利用すれば
企業から直接オファーがくるなど転職のチャンスが広がる.......無料登録はこちら



リクナビNEXT 無料登録はこちら




DODAエージェントサービス


転職のプロに相談できる転職サイト・業界・職種に精通した
専任のキャリアアドバイザーが応募書類の書き方指導や、
万全の面接対策/客観的な立場から適性を活かせる仕事をアドバイス



DODA 無料転職相談はこちら



https://doda.jp/



パソナキャリア

正しい転職とは何か。各業界・職種毎に専門特化したキャリアアドバイザーが、様々な角度から
キャリアコンサルティングを実施し、求職者の方の強みやキャリアプランをアドバイス
業界・業種を問わず、約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人


パソナキャリア 無料転職相談はこちら



http://pasonacareer.jp/




type転職エージェント


カウンセリングを通じてより具体的にご経歴やご希望をヒアリング
企業応募から内定までの各プロセスを、プロのアドバイザーががっちりサポート
type転職エージェントの求人については約80%が非公開求人


type 転職無料相談はこちら



https://shoukai.type.jp/





ビズリーチ


会員制のハイクラス転職サイト・人気の求人やお勧めの求人を会員様のみ公開
ハイクラスのビジネスパーソンと人材を探す企業
をマッチングする新しいタイプの会員制ハイクラス求人・転職サイト



ビズリーチ無料転職相談はこちら



https://bizreach.jp/










参考:転職活動経験談

仕事辞めたい・初めての転職相談

【ポイント】転職活動と就職活動で全く違うのは応募書類の一つである「職務経歴書(経験した職務・職業上の地位や仕事の具体的内容を記入した書類)」を準備するかどうか。経験してきた職場でのポジションや職務経歴などを読んでくれた人に理解しやすく、ポイントをつかみながら作成しなければならない。
結果としては、職業安定所での就職斡旋で職に就くのと民間の人材紹介会社で就職を決めるのと、共に並走していくのが名案ではないかと考えている。
多様な理由を抱えてほかの会社に転職したいと心の中で望んでいる人が急激に増えているのである。とはいえ、転職すると決めたはいいけれど、就職した後の人生に今までとは大きな差が出るケースも少なくないのが現実なのである。
面接試験で完全に緊張しない。それには多分の慣れが必要なのです。そうはいっても、実際に面接選考の場数を十分に踏めていないと相当緊張するものです。
【ポイント】面接というものには完璧な正解がないから面接のどこが良かったのかまたは悪かったのかなどといった合否の判断基準は企業ごとに、同じ会社でも担当者が交代すれば変わるのが本当のところなのです。
「自分が好きな事ならどれだけ辛くても持ちこたえらえる」とか「自分自身を成長させるなら好き好んで大変な仕事をピックアップする」というようなケース、いくらも聞いています。
「書ける道具を持参すること」と載っているなら記述式のテストの恐れがありますし、いわゆる「懇親会」と記されているなら集団討論が取り行われるケースが多いです。
【対策】面接すれば必ずといっていいほど転職の理由について聞かれるでしょう。「どういう理由で辞めたのか?」ということはどんな企業も特に興味のある内容です。ですから転職理由を整理しておくことが不可欠です。
賃金や労働条件などがすごく好ましくても、働く環境というものが思わしくないものになってしまったら、またもや別の会社に行きたくなる懸念もあります。

 

 

注意!人材紹介会社(職業紹介会社)は狙いとして転職を望んでいる人に使ってもらうところなのである。したがって実務上の経験ができれば2〜3年くらいはないと相手にもされません。
就職しても、その会社について「思っていたような会社じゃない」、「やりたい仕事じゃない」、「こんな会社は辞めてしまいたい」そんなことまで思う人なんか、掃いて捨てるほどいるのです。
企業は1人の事情よりも組織全ての都合を重視するため、時折予想外の人事転換があるものです。当たり前ながら当事者には不満足でしょう。
日本企業においていわゆる体育会系の人がよしとされる理由は敬語がしっかり使えるからである。いわゆる体育会系の部活では、常に先輩後輩がはっきりしているため、意識しなくても敬語が身についているのだ。
【就活のための基礎】面接のときは、採用担当者が面接を受けている人がどんな性格の人なのか本質を見抜こうとしている場ですので、セリフを上手に読むことが評価されるのではなく、飾らずに自分のことを担当者にお話しすることが重要なのです。