厳選









リクルートエージェント

転職のリクルートエージェントは約31万人を成功に導いた転職支援実績No.1
Web上には出ていない業界分析レポートなどのアドバイス含め
キャリアアドバイザーが転職全面バックアップ・非公開求人も充実



リクルートエージェント 無料転職相談はこちら



http://r-agent.com/



まずは転職求人を探したいという方へおすすめリクナビNEXT・スカウト機能を利用すれば
企業から直接オファーがくるなど転職のチャンスが広がる.......無料登録はこちら



リクナビNEXT 無料登録はこちら




DODAエージェントサービス


転職のプロに相談できる転職サイト・業界・職種に精通した
専任のキャリアアドバイザーが応募書類の書き方指導や、
万全の面接対策/客観的な立場から適性を活かせる仕事をアドバイス



DODA 無料転職相談はこちら



https://doda.jp/



パソナキャリア

正しい転職とは何か。各業界・職種毎に専門特化したキャリアアドバイザーが、様々な角度から
キャリアコンサルティングを実施し、求職者の方の強みやキャリアプランをアドバイス
業界・業種を問わず、約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人


パソナキャリア 無料転職相談はこちら



http://pasonacareer.jp/




type転職エージェント


カウンセリングを通じてより具体的にご経歴やご希望をヒアリング
企業応募から内定までの各プロセスを、プロのアドバイザーががっちりサポート
type転職エージェントの求人については約80%が非公開求人


type 転職無料相談はこちら



https://shoukai.type.jp/





ビズリーチ


会員制のハイクラス転職サイト・人気の求人やお勧めの求人を会員様のみ公開
ハイクラスのビジネスパーソンと人材を探す企業
をマッチングする新しいタイプの会員制ハイクラス求人・転職サイト



ビズリーチ無料転職相談はこちら



https://bizreach.jp/










参考:転職活動経験談

会社辞めたい 転職相談窓口おすすめ

【知っておきたい】大学を卒業時に新卒からいきなり外資系への就職を目指す人もいるけれど、現実には最も普通なのは日本企業で勤務してから30歳くらいで外資に転身というパターンが一般的なのだ。
自分自身についてあまり上手に相手に話すことができず、十分後悔を繰り返してきました。たった今からでも自己判断ということに時間を使うのは既に遅きに失しているでしょうか。
「自分の選んだ仕事ならいくら辛くてもなんとか耐えられる」とか「我が身を上昇させるために無理にもしんどい仕事をすくい取る」というような話、しきりとあります。
現在の会社よりも年収や職場の対応が手厚い就職先が見いだせたとして、あなたも他の会社に転職を要望するのであれば思い切って決断することも重要なのです。
即座にも中途採用の社員を入れたいともくろんでいる企業は、内定通知後の回答までの幅を短めに決めているのが普通です。
企業の面接官があなた自身が気持ちを理解しているのかということを観察しながら、的を射た「対話」が可能になったら、きっと道も開けてくるのではないかな。
現実は就職試験を受けるまでに出題傾向をインターネットなどを使って先に調べ、応募先に合わせた対策をしておくことが大切です。ですから就職試験の要点ならびに試験対策について説明します。
【対策】面接というものには完璧な答えはありませんのでいったい面接のどこが良くてどこが悪かったのかなどといった合否の判断基準は企業独特で、それどころか面接官の違いで変わるのが本当のところ。
【就活のための基礎】人材紹介サービスを行う会社では、送り込んだ人があっさり退職するなど失敗してしまうと双方からの評判が下がる。だから企業のメリットやデメリットを全て隠さずに説明します。
【トラブルにならないために】退職金だって解雇ではなく本人の申し出による退職であればそれぞれの会社にもよるのだが、解雇と同じだけの額はもらうことができませんので、とにかく転職先を見つけてから退職する方がいい。
企業ガイダンスから出席して適性検査などの筆記試験、面談とステップを踏んでいきますが、それ以外にも実際の仕事を垣間見る、インターンシップや同じ学校のOBを訪問したり、採用担当者との懇談などの作戦もあります。
ときには大学卒業時からいきなり外資系の企業を目指す人もいるけれど、現実に最も普通なのは日本の企業に採用されてから大体30歳前後で外資に転身という事例が多いようです。
そこにいる面接官が自分自身が気持ちを理解されているのかどうかについて観察しながら、ちゃんと「トーク」のように面接を受けることができれば、採用の可能性も高くなるのではないのでしょうか。
同業の者で「父親のコネのおかげでシステムエンジニアをやめてこの業界に転職した」と言っている人がいるが、ほかの業界から来た男によるとSEだった頃のほうが百倍は仕事が楽なのだとか。
通常最終面接の次元で尋ねられることといったら、それ以前の面接の機会に問いかけられたことと似たようなことになってしまいますが、「志望した要因」というのが筆頭で主流なようです。