厳選









リクルートエージェント

転職のリクルートエージェントは約31万人を成功に導いた転職支援実績No.1
Web上には出ていない業界分析レポートなどのアドバイス含め
キャリアアドバイザーが転職全面バックアップ・非公開求人も充実



リクルートエージェント 無料転職相談はこちら



http://r-agent.com/



まずは転職求人を探したいという方へおすすめリクナビNEXT・スカウト機能を利用すれば
企業から直接オファーがくるなど転職のチャンスが広がる.......無料登録はこちら



リクナビNEXT 無料登録はこちら




DODAエージェントサービス


転職のプロに相談できる転職サイト・業界・職種に精通した
専任のキャリアアドバイザーが応募書類の書き方指導や、
万全の面接対策/客観的な立場から適性を活かせる仕事をアドバイス



DODA 無料転職相談はこちら



https://doda.jp/



パソナキャリア

正しい転職とは何か。各業界・職種毎に専門特化したキャリアアドバイザーが、様々な角度から
キャリアコンサルティングを実施し、求職者の方の強みやキャリアプランをアドバイス
業界・業種を問わず、約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人


パソナキャリア 無料転職相談はこちら



http://pasonacareer.jp/




type転職エージェント


カウンセリングを通じてより具体的にご経歴やご希望をヒアリング
企業応募から内定までの各プロセスを、プロのアドバイザーががっちりサポート
type転職エージェントの求人については約80%が非公開求人


type 転職無料相談はこちら



https://shoukai.type.jp/





ビズリーチ


会員制のハイクラス転職サイト・人気の求人やお勧めの求人を会員様のみ公開
ハイクラスのビジネスパーソンと人材を探す企業
をマッチングする新しいタイプの会員制ハイクラス求人・転職サイト



ビズリーチ無料転職相談はこちら



https://bizreach.jp/










参考:転職活動経験談

公益・特殊・独立行政法人の転職

野心やなりたいものを目標にしての転業もあれば、勤め先の事情や通勤時間などのその他の要因によって、転業しなければならないケースもあるでしょう。
求職活動の最終段階の試練、面接を解説いたします。面接試験は、求職者と採用する企業の人事担当者との対面式の選考試験。
【就職活動のために】就職面接で全然緊張しない。これはある程度の経験が不可欠なのです。けれども、本当に面接の場数を十分に踏めていないと緊張するものです。
まずは応募先が本当にアルバイトなどを正社員に登用する制度がある職場なのかそうでないのかしっかりと研究したうえで、可能性をなおも感じるならまずはアルバイトやパート、または派遣などから働きながら、正社員を目指してください。
【ポイント】電話応対すら大切な面接の一つのステージだと位置づけて対応しましょう。しかし反対に見れば、そのときの電話対応とか電話内容のマナーが相手に認められればそれに伴って評価も上がるということ。
現実に、自分自身をスキルアップさせたいとか、今よりもっと成長することができる場所で働いてみたい。そんな望みを聞くことがよくあります。自分はキャリア・アップできていない。そうと感じて、転職を考える方がたくさんいるのです。
【就活のための基礎】大事な考え方として、就職先を決めるときには必ず自分の欲望に忠実になって選ぶことであって、絶対に何があっても「自分のほうを就職先に合わせなければ」なんてことを思ってはいけないということです。
よく聞かれる会社説明会とは、企業の側が開催する就職説明会のことで、セミナーとも称されるものです。希望している学生たちや求職者を募集して、その会社の会社概要や募集の摘要などを説明するものが一般的です。
一般的な会社説明会とは、会社側が催すガイダンスのことで、セミナーともいいます。その企業を希望している学生や仕事を求めている人を集めて、企業の概観や募集要項などの大事な事項を説くというのが標準的なものです。
【知っておきたい】第二新卒が意味するのは「新卒者として一度は就職したものの約3年以内に退職した若年者(一般的には25歳程度まで)」を指す名称なのです。最近は特に数年で退職してしまう者が目立って増加しているため、このような新しい言葉が生まれたのでしょう。
【対策】面接というものには完全な正解はないわけでいったい面接のどこが良くてどこが悪かったのかなどといった合否の判断基準はそれぞれの企業で、更に担当者によって異なるのが現状なのです。
圧迫面接というイヤな面接手法で底意地の悪い問いかけをされたような時に、思わずむくれてしまう人もいます。そうしたい気持ちは分かりますけれども、生々しい感情を表さないようにするのは常識ある社会人としての基本なのです。
【応募の前に】絶対にこんなふうに仕事がしたいという仕事もないし、あんなのもこんなのもと迷ったあまり、挙句自分が自分が何をしたいのか面接になっても分かってもらうことができないのである。