厳選









リクルートエージェント

転職のリクルートエージェントは約31万人を成功に導いた転職支援実績No.1
Web上には出ていない業界分析レポートなどのアドバイス含め
キャリアアドバイザーが転職全面バックアップ・非公開求人も充実



リクルートエージェント 無料転職相談はこちら



http://r-agent.com/



まずは転職求人を探したいという方へおすすめリクナビNEXT・スカウト機能を利用すれば
企業から直接オファーがくるなど転職のチャンスが広がる.......無料登録はこちら



リクナビNEXT 無料登録はこちら




DODAエージェントサービス


転職のプロに相談できる転職サイト・業界・職種に精通した
専任のキャリアアドバイザーが応募書類の書き方指導や、
万全の面接対策/客観的な立場から適性を活かせる仕事をアドバイス



DODA 無料転職相談はこちら



https://doda.jp/



パソナキャリア

正しい転職とは何か。各業界・職種毎に専門特化したキャリアアドバイザーが、様々な角度から
キャリアコンサルティングを実施し、求職者の方の強みやキャリアプランをアドバイス
業界・業種を問わず、約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人


パソナキャリア 無料転職相談はこちら



http://pasonacareer.jp/




type転職エージェント


カウンセリングを通じてより具体的にご経歴やご希望をヒアリング
企業応募から内定までの各プロセスを、プロのアドバイザーががっちりサポート
type転職エージェントの求人については約80%が非公開求人


type 転職無料相談はこちら



https://shoukai.type.jp/





ビズリーチ


会員制のハイクラス転職サイト・人気の求人やお勧めの求人を会員様のみ公開
ハイクラスのビジネスパーソンと人材を探す企業
をマッチングする新しいタイプの会員制ハイクラス求人・転職サイト



ビズリーチ無料転職相談はこちら



https://bizreach.jp/










参考:転職活動経験談

安定の職種・仕事相談相談おすすめ

【就職活動のポイント】転職という、あたかも伝家の宝刀を何回も抜いてきた経歴がある人は、やはり普通に離転職した回数がたまっていく。同じくして一つの会社での勤務が短いことが目立ち始めるのだ。
【就職活動のポイント】絶対にこれをしたいという具体的なものもないし、あれかなこれかなと思い悩んだ末に、挙句の果てにいったい何がしたいのか面接で担当者に整理できず伝えられないのである。
面接といってもさまざまな面接の進め方がある。ここから、個人面接とか集団面接、そして最近増えているグループ討論などを核にして解説となっているのでぜひご覧下さい。
外資系企業で働く人はあまり珍しくない。外資系企業と言えば、以前は転職者の直ちに戦力となる人を採用するような印象を受けたが、このところは新卒の入社に積極的な外資系会社も精彩を放つ。
実際不明の番号や非通知の電話番号より電話があったりすると心もとない心情はわかるのですが、それにぐっと耐えていち早く自分から名乗り出るべきでしょう。
当たり前かもしれないが成長業界で就職できれば、すごいビジネスチャンスがたくさんあります。だから新規事業立ち上げの機会もあれば、新しく子会社や関連会社を作ったり大事な事業やチームなどの責任者にさせてもらえる可能性が高くなることが多い。
【応募の前に】選考試験の方法として面接以外にグループディスカッションを実施しているところは多いのである。採用担当者は面接だけでは見られない気質などを観察するのが狙いである。
【ポイント】面接の場面で気を付ける必要があるのはあなたの印象なのです。たった数十分くらいの面接だけで応募者の全ては理解できない。そうなると、合否は面接のときの応募者の印象に影響されます。
新卒以外で仕事を求める場合はアルバイト、派遣でいいから「職歴」を蓄積して、零細企業を狙い撃ちして就職のための面接をお願いするのがおおまかな逃げ道です。
志や理想の姿を目的とした転身もありますが、働く企業の理由や生活状況などの外的要素により、仕事を変えなければならないケースもあるかと思います。
就活をしている人が気になっているのは、企業全体の方針あるいは自分のやりたい仕事かどうかなど、詳細な仕事内容などよりは会社自体を把握したいと考えての内容だ。
やはりわが国の誇る技術の多くはいわゆる中小企業の町工場で誕生していることは有名。給与面とか福利厚生も充実しているとか、好調続きの企業だってあるのだ。
現実に、自分自身を磨きたい。一層自分を磨くことができる会社へ行きたい。そんな願いを伺うことがしょっちゅうあります。今の自分は成長していないことを発見して、転職しなければと思い始める人が非常に多い。
【採用されるために】就職内定率が悪化し最も低い率になったが、けれども、そんな就職市場でも内定通知を掴み取っているという人が実際にたくさんいる。では、採用してもらえる人と採用されない人の致命的な違いは果たして何なのだろうか。