厳選

転職コラム

「就職氷河期」と一番最初に名付けられた頃の若者世代では、新聞記事や社会の雰囲気に押し流されるままに「就職がある分感謝するべきだ」などと仕事をあまり考えず決めてしまった。
中途採用を目指すなら「なんとか入れそうで、経験も得られそうな会社」なら、なんとしてでも就社しましょう。零細企業でも差し支えないのです。職務上の「実体験」と「キャリア」を得られればそれでいいのです。
ついに準備のフェーズから面接の場まで長い順序を踏んで就職の内定まで到ったといっても、内々定を取った後の対応策を抜かってしまっては全てがパーになってしまう。
一回でも外国企業で就職をしていた人の大多数は、元のまま外資の経験を続行する時流もあります。結論からいうと外資から後で日本企業を選ぶ人は極めて稀だということです。
当然、企業の人事担当者は応募者の持つ才能を試験や面接で読み取って、「自分の会社で必要で、役に立ちそうな人物かどうか」を気を抜かずにより分けようとするのである思うのだ。
バリバリと仕事をやりながら転職活動するような事例は、周辺の人達に相談を持ちかけることも微妙なものです。通常の就職活動に見比べて、助言を求められる相手は少々限定的なものでしょう。
現行で就職のための活動をしている会社自体が最初からの希望している会社ではなかったために、志望動機というものがよく分からない心痛を抱える人が今の期間には少なくないのです。
まさに知らない電話番号や通知なしで連絡があると神経質になる胸中は共感できますが、なんとか我慢して最初に自分の方から名前を名乗りたいものです。
【就職したら】上司が仕事ができる人なら幸運。だけど、優秀ではない上司ということであれば、どのようなやり方であなたの力を存分に発揮するのか、自分の側が上司をうまく誘導することが不可欠だと思われます。
就活をしている際には、自己分析(キャリアの棚卸)を実施しておくと後で役に立つと指導されて実際に実行してみた。正直に言ってまったく役に立たなかったという。
「自分が現在までに生育してきた固有の技能や特質をばねにしてこの仕事を望んでいる」という風に今までの自分と繋げて、ようやく面接の相手にも納得できる力をもってあなたのやる気が伝わります。
現在の職場よりも賃金自体や職務上の対応がよい職場が見つかったとして、あなたがたも転職することを望んでいるのであれば未練なくやってみることも大切だといえます。
【知っておきたい】面接の場面で意識していただきたいのは印象なのです。数十分くらいの面接だけで応募者の全てはわからない。だから、合否は面接を行ったときの応募者の印象に左右されるものである。
「自分の持っている能力をこの職場でならば活用できる(会社のために貢献する)」、それによってそういった会社を入りたいというような理由もある意味では大事な理由です。
話を聞いている面接官が自分の今の意欲を誤解なく理解してくれているかどうかということを観察しながら、きちんと「トーク」のように面接を受けることが可能になれば、採用への道も開けてくるのではないかな。

2017/10/28 13:59:28 | 転職コラム
アルバイト・派遣等の仕事で成し遂げた「職歴」を携行してあちこちの企業に面接を数多く受けにでかけましょう。要は就職もタイミングの一面が強いので面接を受けまくるのみです。告白します。就職活動中なら、ぜひ自己分析ということを実施しておくほうがいいだろうと聞いてそのとおりにした。しかし、本音のところ就職活動には全然役に立たなかったと聞いている。【就活Q&A】転職という、いわゆる伝家の宝刀を今まで繰り返し抜いてきた性格の人は、やはり当然ながら回数もたまっていく。これと同時に一つの会社の勤続年数が短いものが目立つようになる。やっぱり人事担当者は真の能力などをうまく読み取って、「自分の会社で必要で、そして活...
2017/10/14 09:56:14 | 転職コラム
仕事上のことを話す状況では、抽象的に「どういったような事を感じたか」ということではなく、他に現実的な例を合わせて話すことをしてはどうでしょうか。上司の命令に疑問を持ったからすぐに仕事を変わる。所詮ご覧のような思考経路を持つ人に当たって、人事部の採用の担当は疑いを持っています。ひとまず外資の会社で勤めていた人の大多数は、そのまま外資の経歴を続行する特性があります。つまるところ外資から日本企業に戻って就職する人は希少だということです。まさしく見たことのない番号や通知なしで電話が来ると不安になってしまう気持ちは理解できますが、ぐっと抑えて初めに自分の方から名乗りたいものです。目的や憧れの姿を志向した...