厳選






転職サイトおすすめ







リクルートエージェント

転職のリクルートエージェントは約31万人を成功に導いた転職支援実績No.1
Web上には出ていない業界分析レポートなどのアドバイス含め
キャリアアドバイザーが転職全面バックアップ・非公開求人も充実



リクルートエージェント 無料転職相談はこちら



http://r-agent.com/



まずは転職求人を探したいという方へおすすめリクナビNEXT・スカウト機能を利用すれば
企業から直接オファーがくるなど転職のチャンスが広がる.......無料登録はこちら



リクナビNEXT 無料登録はこちら




DODAエージェントサービス


転職のプロに相談できる転職サイト・業界・職種に精通した
専任のキャリアアドバイザーが応募書類の書き方指導や、
万全の面接対策/客観的な立場から適性を活かせる仕事をアドバイス



DODA 無料転職相談はこちら



https://doda.jp/



パソナキャリア

正しい転職とは何か。各業界・職種毎に専門特化したキャリアアドバイザーが、様々な角度から
キャリアコンサルティングを実施し、求職者の方の強みやキャリアプランをアドバイス
業界・業種を問わず、約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人


パソナキャリア 無料転職相談はこちら



http://pasonacareer.jp/




type転職エージェント


カウンセリングを通じてより具体的にご経歴やご希望をヒアリング
企業応募から内定までの各プロセスを、プロのアドバイザーががっちりサポート
type転職エージェントの求人については約80%が非公開求人


type 転職無料相談はこちら



https://shoukai.type.jp/





ビズリーチ


会員制のハイクラス転職サイト・人気の求人やお勧めの求人を会員様のみ公開
ハイクラスのビジネスパーソンと人材を探す企業
をマッチングする新しいタイプの会員制ハイクラス求人・転職サイト



ビズリーチ無料転職相談はこちら



https://bizreach.jp/










参考:転職活動経験談























転職サイト20代後半・正社員求人相談おすすめ

ある日突如として知らない会社から「あなたを採用します!」といった事は考えられないでしょう。内定をよく出されているようなタイプはそれと同じ分だけ面接で不合格にもなっていると思われます。
仕事であることを話す状況では、抽象的に「それについて何を感じたか」ということではなく、重ねて実例を加えて伝えるようにしたらいいと思います。
正直なところ、就活に取り組み始めた頃は「希望の会社に入社するぞ」と思っていたにもかかわらず、何度も不採用ばかりが続いて、最近ではすっかり会社の説明会に行く事すら恐怖でできなくなっている自分がいます。
【退職の前に】退職金があっても解雇ではなく自己都合での退職のケースは会社によって違うけれど、会社都合の場合ほどは受け取れませんので、それまでに転職先を見つけてから退職しよう。
就職しても、就職できた企業を「思っていたような会社じゃない」、「やりたい仕事じゃない」とか「こんな会社は辞めてしまいたい」そんなふうにまで考える人なんか、掃いて捨てるほどいるのが世の中。
いわゆる職安の仲介を受けた場合に、そこの企業に勤務が決まると、様々な条件によって、該当企業より公共職業安定所に対して求職の仲介料が払われるという事だ。
話題になった「超氷河期」と最初に呼びならわされた時期の若者たちは、ニュースメディアや世間の雰囲気にさらわれるままに「仕事ができるだけありがたい事だ」などと会社をあまり考えず決定してしまった。
「筆記用具を必ず持ってきてください。」と記載されていれば記述試験の予想がされますし、「懇親会」とある場合は集団討論が取り行われる可能性が高いです。
「自分の持っている能力をこの企業でなら使うことができる(会社のために貢献する)」、それゆえにその企業を希望するといった理由もある意味では大事な理由です。
苦しみを味わった人間は仕事の場合でもへこたれない。そのスタミナはあなたの長所です。将来就く社会人として必ず効果を発揮する時がくるでしょう。
具体的に働いてみたい企業はどんな企業?と問われてもうまく答えられないものの、今の勤務先に対する不満については、「自分に対する評価が適正ではない」と思っている方がかなりの人数いると報告されています。
【就活のための基礎】面接選考では不採用になったとしてもいったいどこが足りなかったのかということについて伝えてくれる親切な企業などは普通はないので、応募者が自分で直すべき点を検討するのは難しいことです。
せっかく準備のステップから面接の場まで長い道を歩んで入社の内定まで行きついたというのに、内々定を受けた後の処理を踏み誤ってしまっては振り出しに戻ってしまう。
今の瞬間は志望する企業ではないというかもしれませんが、求人募集をしているそことは別の会社と鑑みてほんの僅かであっても魅力的に思われる点はどんな点にあるのかを考えてみて下さい。
【就職活動のために】面接というものには「算数」とは違って完璧な正解がないから面接のどこがどのように良かったのか悪かったのかなどといった合否の判断基準は会社が違えば変わり、それどころか同じ応募先でも面接官によって変化するのが本当のところなのだ。