厳選






転職サイトおすすめ







リクルートエージェント

転職のリクルートエージェントは約31万人を成功に導いた転職支援実績No.1
Web上には出ていない業界分析レポートなどのアドバイス含め
キャリアアドバイザーが転職全面バックアップ・非公開求人も充実



リクルートエージェント 無料転職相談はこちら



http://r-agent.com/



まずは転職求人を探したいという方へおすすめリクナビNEXT・スカウト機能を利用すれば
企業から直接オファーがくるなど転職のチャンスが広がる.......無料登録はこちら



リクナビNEXT 無料登録はこちら




DODAエージェントサービス


転職のプロに相談できる転職サイト・業界・職種に精通した
専任のキャリアアドバイザーが応募書類の書き方指導や、
万全の面接対策/客観的な立場から適性を活かせる仕事をアドバイス



DODA 無料転職相談はこちら



https://doda.jp/



パソナキャリア

正しい転職とは何か。各業界・職種毎に専門特化したキャリアアドバイザーが、様々な角度から
キャリアコンサルティングを実施し、求職者の方の強みやキャリアプランをアドバイス
業界・業種を問わず、約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人


パソナキャリア 無料転職相談はこちら



http://pasonacareer.jp/




type転職エージェント


カウンセリングを通じてより具体的にご経歴やご希望をヒアリング
企業応募から内定までの各プロセスを、プロのアドバイザーががっちりサポート
type転職エージェントの求人については約80%が非公開求人


type 転職無料相談はこちら



https://shoukai.type.jp/





ビズリーチ


会員制のハイクラス転職サイト・人気の求人やお勧めの求人を会員様のみ公開
ハイクラスのビジネスパーソンと人材を探す企業
をマッチングする新しいタイプの会員制ハイクラス求人・転職サイト



ビズリーチ無料転職相談はこちら



https://bizreach.jp/










参考:転職活動経験談























40代転職サイト厳選3社

外資系企業で労働する人はもう少なくはない。外資系の会社と言ったら、以前は転職者の即座に戦力となる人を採用する印象を持ったが、今時は新卒の学生を採用することに取り組む外資も目につくようになってきている。
代表的なハローワークの就職紹介をしてもらった場合に、その会社に勤務することになると、年齢などの構成要素により、就職先から職安に就職紹介料が支払われるとの事だ。
現実に、自分のことを磨きたい。これまで以上に成長することができる会社を見つけたいというような希望を耳にすることがしょっちゅうあります。必要なスキルが身についていない。それに気づいて、転職を考える方が多い。
この後も躍進しそうな業界に職を見つけたいのならその業界が本気で成長中の業界なのかどうか、急な発展に照応した経営が無事にできるのかどうかを洞察することが重要なのです。
【転職の前に】売り言葉に買い言葉を発して「こんな会社すぐにやめてやる!」こんなふうに、かっとなって離職するケースもあるけれど、こんなに不景気のときに、興奮して退職することはとんでもない結果に結びつきます。
会社によっては、商売内容やあなたのやりたい仕事もまったく違うと感じますので、面接の時に触れ込むべき内容は様々な会社によって異なるのがもっともです。
【応募する人のために】第二新卒とは、最近よく目にしますが「新卒者として一度は就職したけれどすぐに(3年以内)退職した若年の求職者」のことを表す言葉。きっと最近は数年で退職してしまう者が目立って増加しているので、このような言葉が生まれたのでしょう。
【就職活動の知識】売り言葉に買い言葉ということで「こんなところいつでもやめてやる!」みたいに、むきになって離職を決めてしまう人もいるけれど、こんなに景気の悪いときに、非理性的な退職は決してあってはならない。
【就活のための基礎】転職活動が就活根本的に違うのは「職務経歴書(過去に経験した職務・職業上のポジションや仕事の具体的内容を記入した書類)」が必要かどうか。実際の職場でのポジションや詳細な職務経歴などを読むだけで分かりやすく、ポイントを確実に押さえながら作成する必要があるのです。
「飾らないで本当の気持ちを話せば、転職を決意した一番大きな理由は収入のせいです。」こんなエピソードも聞いています。ある外資系産業の営業職の30代男性社員の実話です。
いまの時点で求職活動や転業するために活動するような、2、30代の年代の親の立場から見ると、お堅い公務員や人気ある一流企業に就職できるならば、最善だといえるのです。
給料そのものや職場の条件などがいかに手厚くても、日々働いている環境自体が悪化したならば、更に転職したくなりかねません。
【退職の前に】転職という、たとえば伝家の宝刀を今まで何回も繰り返し抜いてきた経歴がある人は、やはり自然に離転職したという回数も増えます。これに伴って一つの会社での勤務年数が短いものが目立つようになるのである。
【応募する人のために】電話応対さえも面接のうちだと意識して取り組むべきです。しかし反対に、その際の電話対応やマナーが相手に合格であればそのことで評価も上がるということなのである。
「好んで選んだことならばいくら辛くても堪えることができる」とか「わが身を飛躍させるために好き好んで困難な仕事を選択する」というような事例は、何度も耳にするものです。